基本的な業務

sp_60business_block01

ビル、マンション、高層商業施設、物流倉庫、工場などの建築物のコンクリートで覆われた建物の中に入る『骨組み』となる鉄筋を、網目状に組んで設置する仕事です。

鉄筋加工・配筋・段取り​

取り付ける鉄筋は、必要に応じて適切な長さに切ったり、曲げたりしなければなりません。

加工帳に従って鉄筋を加工して準備を行います。​

そして施工図をもとに配筋方法の確認と作業の段取りを行い、鉄筋を取り付けていきます。​

S__2670596

嵌合・結束​

鉄筋を配筋し組み立てる際に鉄筋をつなげる作業があります。

機械式継手工法等により鉄筋をつなぎ、また、鉄筋を結束します。

熟練の職人ほどきれいに水平垂直平行きれいにまとまります。​

S__2670611

自主検査

鉄筋はコンクリートに隠れ、最終的に見えなくなります。

だからこそ、しっかりとした施工を行うのですが、品質の維持する為に組み立てられた鉄筋を自社で検査し問題の無い事を確認します。​

この後の工程で第三者機関等が配筋検査を行い、コンクリート打設業者さんに引き継がれます。​

S__2670610